HOME > 株主・投資家の皆様へ > ディスクロージャーポリシー・IRポリシー

ディスクロージャーポリシー・IRポリシー


ディスクロージャーポリシー

基本方針
朝日印刷株式会社(以下、「当社」という)は、会社の持続的な成長と企業価値向上を目指して株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様に、当社の企業活動への理解と信頼を深め、当社を適正に評価していただくために金融商品取引法により定められたフェア・ディスクロージャー・ルールの主旨を尊重し、選択的開示の禁止、公平な情報開示に努めてまいります。

情報開示の基準
1.重要情報の開示
当社は、金融商品取引法等の諸法令ならびに当社が上場している東京証券取引所の定める会社情報の適時開示に関する規定(以下、「適時開示規則」)に沿って情報開示を行います。なお、重要情報の認定は当該情報の内容に応じて、社内のしかるべき関係部門間の協議を経た上で、情報取扱責任者(管理本部長)注1にて行われます。
2.任意開示
上記の適時開示規則に該当しない任意開示の場合でも、投資判断に影響を及ぼすと思われる情報につきましては、適時性と公平性を基準に開示してまいります。なお、個人情報、顧客情報、及び関係者の権利を侵害する恐れがある情報は開示しません。

情報開示の方法
適時開示規則に該当する情報につきましては同規則に従い、東京証券取引所の提供する「TDnet (適時開示情報伝達システム)」に登録し公開した後、速やかに当社ホームページにも同一の情報を掲載します。

沈黙期間
当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、フェア・ディスクロージャーを徹底するため、決算期日の翌日から決算発表日までの間を沈黙期間とし、決算内容に関するコメントや質問への回答を差し控えることとしております。ただし、沈黙期間中に判明した決算内容と従来の業績予想が大きく乖離する見込みとなった場合には、適時開示規則に従い、適宣情報開示を行います。

業績予想および将来の予測に関する事項
当社が開示する情報のうち、業績予想および将来の予測等に関する事項は、開示時点で入手可能な情報に基づき当社が判断、仮定した将来の見通しであり、リスクや不確実性を含んでいます。従って、実際の業績は、今後のさまざまなリスクや不確定要素等の要因により、これらの見通しとは異なる結果となる可能性があることをご承知おきください。

社内体制の整備について
当社は、本ディスクロージャーポリシーに則り、諸法令や適時開示規則に従った適切な情報開示を行うために社内体制の整備、また役員並びに情報管理担当者への教育に努めて参ります。
また、当社における株主との対話は、IR担当部門(社長室)が主管し、IR担当役員が統括します。株主との対話が適切に行われるよう、IR担当部門が社内の各業務執行部門と連繁して情報収集と分析を行い、会社として適切な判断の上で開示を行います。

IRポリシー

朝日印刷株式会社の企業価値を高めるためには、株主・投資家の皆様に当社を正しく理解いただくことが大切です。そのために当社は、個人投資家向け会社説明会・機関投資家向け説明会・ホームページ・適時開示・各種IR資料等で接点を持ち、ディスクロージャーポリシーにより公平・公正な情報開示を行い、わかりやすい説明を心がけております。顧客・従業員を含めた様々なステークホルダーの皆様との相互理解を深め、当社の企業価値向上に資することを目指してIR活動の充実を図ってまいります。
なお、情報開示を通してステークホルダーの皆様より頂くご意見等につきましては、会社経営の参考として社内で活用させていただきます。

注1)情報取扱責任者(管理本部長)=開示担当役員(東証届出)

2018年6月新設

トップメッセージ 代表取締役社長 濱 尚