HOME > 製品・サービス紹介:包材から包装ラインまで総合的に提案 > 技術ラインアップ紹介 > 改ざん防止パッケージ2

改ざん防止パッケージ2機能性包装

改ざん防止パッケージ2

特許出願品

店頭で販売される商品のパッケージは不正な開封を防止するため、フィルムでパッケージ全体を巻いたり、フタをテープなどで留めたりしています。
この改ざん防止パッケージはフタ面の構造を工夫することで、一度フタを閉めた後ジッパーなどを使用しない限り開けることができず、不正な開封を防止することができます。フィルムやテープといった資材が必要ないため、コストダウンを図ることができます。
また、フタの両サイドでロックする構造のため、リップなどの小さなパッケージにもご使用いただけます。化粧品など様々なサイズを持ったシリーズ品で同じ構造を用いることができるため、商品全体に統一感を与えることができます。

この製品・サービスに関するお問い合わせはこちら

技術に関する情報

フタ面の両サイドに差し込み片が設けられています。
パッケージ側面のスリットに、差し込み片を挿入します。
一度差し込み片を挿入すると、抜けなくなります。
商品を取り出す時は、フタ面に設けられたジッパーから開封します。
確かな技術力

トップメッセージ 代表取締役社長 濱 尚